ご挨拶

電算ソフトウェア協同組合
理事長 安齋輝雄

電算ソフトウェア協同組合は、首都圏のソフトウェア会社が中心となり、成長する情報産業界で経営、技術開発など企業間相互の連携強化や共同事業活動の推進などを目的に、昭和51年4月、電算ソフト協会として設立されました。

その後、平成9年5月16日中小企業等協同組合法第27条の2 第4項に基づき、政府認定の法人格を取得し「電算ソフトウェア協同組合」に名称を変更し、今日に至っております。

ご承知の通り、21世紀に入り政府、自治体による中小企業の振興政策、 規制緩和、IT事業の推進により、当組合の活動は、益々拡大が予想されております。

こうした諸施策に対応すべく、組合員の蓄積したノウハウや技術力をベースとし、さらに連携を強化し事業の発展を目指す方針です。

また、インターネットの急速な普及などグローバルレベルで情報化が、加速する中、 情報サービス産業のベンチャー志向を十分に発揮し、ニュービジネスの開拓や社会ニーズに即応した活動を展開していく所存です。

そのため、新しく「次世代交流会」を立ち上げ、新しい切り口から各種事業を有機的に関連付け、加盟会社の営業活動拡大に結び付けることができるよう、組合員の皆様と共に知恵を絞って実行していきたいと考えております。

延いては、組合員所属会社が技術力をさらに向上させ、 経営基盤の強化や社会に貢献できるよう努力する計画です。